雑記

未定

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦士の息子アギト

「銀色の髪のアギト」を観て来ました。OPの歌が良くて、08小隊の監督が原案で、期待しました。が、物語が甘いんじゃないかと思いました。アギトの父親との対面シーンで、トゥーラが過去を捨ててこの世界を生きるって展開が予想され、そうなったわけで、漫画版のナウシカみたいだとか思いました。けれどトゥーラは言わば別世界の人で、それを簡単に捨てられわけがないと思うのです。で、ラストはやっぱり自分からイストークを止めるし…。そこまでこの異世界に執着する理由があるのか疑問です。アギトはトゥーラに利用されたような気もします。
あと、軍の鎧がトルメキアに見えてしかたがない。シュナックが豹変しトゥーラを引っ張ってイストークに入ったとき、彼はムスカだラピュータだと思ってしまいました。まぁ妻にするとか言わなかっただけロリコンの烙印を押されずすんだかと。(ていうか飯田馬之介氏はどっちに関わってる)
ミンカの扱いは酷いよ。全ての行動や仕草が物語(しかも本筋)を悪いほうへ導く。水がめの前で連絡しようとしたトゥーラを邪魔した場面は引っ叩くべきですよ。
森がよく分からないままっていうのがもどかしい。強化体になるシーンはもっと時間とって欲しかった。
割れた月の空がきれい。
って書いてくと終わらないので。いままでの自然万歳アニメとは違うアプローチは面白い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rtenrai.blog11.fc2.com/tb.php/44-14c9fcc1

銀色の髪のアギト その2

●『銀色の髪のアギト』95分。2006年1月7日公開。劇場数が少なくて不安だったけど再度HPを見るとかなり増えたみたいで良い兆し。ただ、シネコン数が多いワーナーが余り上映数が無いのが気になる所。松竹系は苦手なのかな?前売り特典がある所と無い所が差があ...

  • 2006/01/09(月) 13:48:20 |
  • 映画鑑賞&グッズ探求記 映画チラシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。